70代女性 ばね指

来院動機

突然右手親指が腱鞘炎になり整形外科を受診し軟膏を処方されたが全く良くならず来院。

カウンセリング内容

痛みが出たきっかけ

突然右手親指に痛みが出た。

 

どのような時に痛みが出るか

つまみ動作や手を握る動作で痛みが誘発される。

ペンを握るのも痛みが出る為、文字が書けない。

所見と治療、経過

初回施術

運動検査、触診後に姿勢分析実施

頚椎の歪みが強い

痛みが出る根本原因は頚椎の歪みと判断し頚椎矯正を実施。右手親指にばね指専用の矯正を実施。

テーピングも貼り、生活習慣指導を行い初回終了。

2回目(3日後に来院)

2回目来院時

手は日常生活で使う頻度が高い為、まだ大きな変化はない。痛みは変わらずつまみ動作と握る動作で誘発される。

この日も前回と同じ治療をし、生活習慣、体操指導、テーピングを行い終了。

15回目(2ヶ月後)

まだ少し痛みは残るが日常生活でも支障なく生活できるようになった。また、最初はペンが握れず文字を書くことが出来なかったが書ける様になった。

患者様のコメント

突然右手親指が腱鞘炎になり整形外科を受診し軟膏を処方されましたが全く改善されず1ヶ月後当院に通院し始めました。初めは治療方針を詳しくして下さり、患部だけではなく腕から施術して頂き2ヶ月後ぐらいから鍼治療も加わり、当初全く字も書けない状態でしたが徐々に痛みも軽減して今は字を書くのも日常生活も支障なく過ごせる様になり感謝しております。どの先生も優しく接して下さり気持ち良く通院を続けてまいりました、

担当者のコメント

ペンも握れないぐらい痛みも強く大変だったと思いますが、今では日常生活も問題なく送ることができてよかったです。これからも再発しないように体操と日々の習慣を気をつけて下さい!

ありがとうございました。

ばね指について詳しくはこちら

ばね指

この記事に関する関連記事

千歳烏山駅前鍼灸整骨院(旧 給田名倉堂接骨院)

〒157-0062東京都世田谷区南烏山6-4-7 プラザ六番館103号