40代女性 腰痛 ぎっくり腰

来店動機

男性会社員 40代

普段からデスクワークで長時間のパソコン作業とここ最近テレワークによる運動不足で日常的にあった腰痛が悪化し来店。

本人、「前に比べて姿勢が悪くなっていって徐々に腰痛も悪化してきた」とのこと。

朝起き上がり動作での痛み、長時間座ってからの立ち上がりが主訴で、長時間座っていると腰の痛みで仕事いn集中できないとのこと。

1度は、マッサージ、整形外科と受診したが、改善されず名倉堂へ来店。

カウンセリング内容

痛みが出たきっかけ

普段から腰痛あり

テレワークで長時間座っていて立ち上がる際、ぎっくり腰に

その後から朝起き上がり動作の度、腰痛に

どのような時に痛みが出るか

朝の起き上がり動作

長時間のデスクワーク

座ってからの立ち上がり動作

調子が悪いと常に痛みが出ている状態

身体初見と治療、経過

初回施術

長年の症状もあった為、姿勢分析を実施

「骨盤の歪み」「背骨の歪み」が顕著に見られ周辺筋肉の緊張も著名

根本原因である骨盤背骨の歪みを改善させる為、「特別診療」を

周辺筋肉を緊張をとる為、「筋肉調整」をそれぞれ実施

 

実施後、症状はが4割まで減少

生活習慣指導とテーピングをして初回終了

2回目(4日後)

初回から4日経過

前回からの若干の悪化(7割程度)

継続して特別診療と筋肉調整と、体操指導を実施

毎日自宅で継続するよう指導

 

体操後も痛み改善(終了後2割)

3回目(2日経過)

初回から約1週間経過

症状は2割程度に落ち着いたがまだ波のある状態

 

姿勢の途中経過を撮影

骨盤は改善傾向だが背骨の歪みはまだ残る状態

特別診療と筋肉調整の継続

4回目(5日経過)

初回から約2週間経過

症状改善だが違和感は残る状態

 

特別診療はメンテナンスで継続10日に1回のペースに

患者さんのコメント

「正直諦めていたが、ここまで改善するとは思っていなかった。再発しないように継続的にメンテナンスをしていきたい」

ぎっくり腰について詳しくはこちら

ぎっくり腰