50代 男性 顔面神経痛

来院動機

朝、起床時に顎から顔にかけて痺れと違和感を感じ神経内科に受診。

薬を飲んでいたが、中々改善されず「顔面神経痛」で調べ来院。

症状が出たきっかけ

自覚しているきっかけは特になし。

思い当たるとすれば、仕事のストレスと昔からある首肩のコリ感。

どのような時に症状が出るか

朝起きがけと姿勢が悪くなると症状が悪化

症状が出た時に薬を飲むが変化はなく、症状が悪化すると1日ピリピリと痺れている状態

初回施術

全身の姿勢を確認

根本原因は「頸椎の歪み」「背骨の歪み」と判断し、背骨と首の矯正を実施。

初回施術は大きく変化はなく、症状が重かったため体操指導と生活習慣指導で様子をみた。

2回目(1週間経過)

初回と比べて、症状軽減(7/10程度)

改善はみられるものの日常生活での症状はあり。

継続で矯正をして施術後は、4/10程度まで軽減。

 

歪みの状態を見ると早期改善のため鍼灸施術も提案。

次回様子をみて実施しますと伝え終了。

3回目(初回から2週間経過)

症状は6/10程度。

早期改善を目指し、鍼灸も併用して実施。

施術後は4/10まで軽減。期間も空くとのことで、テーピングと体操指導をし終了。

6回目(初回から1ヶ月半経過)

何もなければ1/10程度の症状。

1週間に1回、5/10まで症状が出るがすぐ改善されるところまで改善。

0/10を目指し頻度を下げて継続施術中。

 

「症状は時々出るが、疲れにくくなってきた。このまま頑張って根本から行けたらベスト」とのこと。

三叉神経痛について詳しくはこちら

三叉神経痛

千歳烏山駅前鍼灸整骨院(旧 給田名倉堂接骨院)

〒157-0062東京都世田谷区南烏山6-4-7 プラザ六番館103号