20代男性 坐骨神経痛

来院動機

4ヶ月前から左足の甲からふくらはぎにかけての痺れ、前屈時に同部位に痛み

歩行時に左足をかばって歩いている為、右足外側と右膝に痛み

整形外科で慢性骨盤痛症候群と診断された為、来院。

 

カウンセリング内容

痛みが出たきっかけ

大学生であった為、長い時間座ることが多く、不良な姿勢が続き、骨格が歪んだ為。

どのような時に痛みが出るか

左ふくらはぎから足の甲にかけての痺れは常にあり、左足をかばって歩いていいた為に右足外側の痛みと右膝に痛みが出る

左足首には常に詰まっている違和感が出ていた。

 

 

所見と治療、経過

初回施術

運動検査、触診後に姿勢分析実施

骨盤と背骨の歪みが強く、腰のハリもかなり強い

左足は神経の伝達が遅く、熱感と感覚障害もあった

根本原因は左の骨盤の歪みと判断し、骨盤の矯正と運動療法で左右の腸腰筋のバランスを整え、左足関節の調整をを実施

施術後痺れ、左足の違和感は残存歩いてもらった際に歩き方の改善、右膝と右足のかばっての痛みも8割になった

生活習慣指導、冷却指導、テーピングを貼付し初回終了。

2回目(4日後に来院)

2回目来院時

左足のつまり感、痺れに変化はなかったが、歩き方が改善し右足の痛みは5割になった

この日も骨盤の矯正と腸腰筋と左足関節の調整を実施

生活習慣、体操指導、テーピングを行い終了

 

9回目(1ヶ月後)

右膝と右足の痛みは落ち着いてきたが、左足の痺れ、つまり感は3割残存

全体的には症状は落ち着いてきている

この日も骨盤の矯正と腸腰筋と左足関節の調整実施

生活習慣、体操指導をを行い終了

 

患者様のコメント

右膝と右足の痛みと左足の痺れつまり違和感があり通わせて頂きました。

初回は丁寧なカウンセリングがあり、じっくり話を聞いてくださいました。

そして週2回の施術をするたびにどんどん症状も改善していき嬉しかったです。

またスタッフの方や先生方もいつも丁寧で優しく接してくださるので安心して治療に臨めます。本当にありがとうございました。

右膝の痛みと左足の痺れ、つまり感が改善してよかったです!

坐骨神経痛はは骨盤が歪むことにより腰椎が捻れるのが原因です。

腰椎が捻れることで腰椎から出る神経が圧迫や引き伸ばされることにより痺れや痛みを引き起こします。

状態はかなり安定してきているので再発しないよう生活習慣を気をつけ、自宅での体操も継続して行っていきましょう!

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事

千歳烏山駅前鍼灸整骨院(旧 給田名倉堂接骨院)

〒157-0062東京都世田谷区南烏山6-4-7 プラザ六番館103号